米国VIが「売り禁」になっても売る方法|新規売り規制への対策まとめ

 

GMOクリックの米国VI(VIX)は、定期的に激しい上下動を繰り返す銘柄です。

その値動きのクセを利用し、高い場所からショート(空売り)ポジションを取ることで、通常の投資では考えられないほど大きなリターンを得ることができます。

まさに投資の「秘技」とも言えますね。

 

しかし、あなたは忘れていませんか?

米国VIが急騰すると、かなりの確率で「新規売り規制(売り禁)」が発生するということを。

そして、「数年に一度の絶好のチャンス」を逃す可能性があるということを……。

 

そうと分かれば、対策をしましょう。

具体的にどうすればいいのか?

それは、「売り禁が発動しても、売ればいい」のです。

 

この裏技的な米国VI投資法を知っていれば、売りたいとき確実に、狙い通りショートポジションを取ることができますよ。

 

「新規売り規制」が発動!それでも「売る」方法

 

新規売り規制は、「売りたくても売れなくなる」やっかいな規制です。

とはいえ、そもそもなぜ売り禁は発動するのでしょうか。

ほとんどの方はGMOクリック証券を利用されていると思うので、そちらを例に考えてみましょう。

 

GMOクリック証券の「米国VI」はCFDなので、その性質上「売り切れる」ことがありません。

つまり、GMOクリック証券からすると、いつでも「売ろうと思えば売れる」んですね。

 

なのに「売ってくれない」のは、「GMOクリック証券が僕たちユーザーの資産を守るための措置」として売り禁にしているからです。

値動きが荒くなると新規注文を規制し、リスクの高い取引を強制的に禁止にしているのです。

 

しかし、VIX指数を高い場所で売りたい僕たちとしては、困った悩みですよね?

実は、新規売り規制をくぐり抜けてショートポジションを持つ方法があります。

 

あらかじめ「両建て」しておけば売り禁でも売れる?

 

GMOクリック証券の公式サイトの「取引規制」の欄には、以下のように書かれています。

 

「CFDの新規取引を停止することがあります。」

「未約定の新規注文が取り消されることがあります。」

 

「つまり、取引を規制する可能性がありますよ」ってことですね。

注目していただきたいのは、ここに「新規注文」という言葉はあっても、「決済注文」という言葉はないということです。

 

つまり、取引規制が発動した場合、

 

  • これから新たにポジションを持とうとすること→禁止される
  • すでに保有しているポジションを解消しようとすること→禁止されない

 

ということなのです。

これは、「あらかじめ『両建て』をしておいて、空売りしたいときに買いのポジションを解消すれば、売り禁でもショートポジションを持てる」ということを意味しているはずです。

 

両建てとは、買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。

これで、買いポジションと売りポジションが相殺され、損益はゼロになります。

価格調整額も相殺されるのでゼロ。

つまりポジションを持っていない状態を、両建てで作ることができます。

そして、米国VIが上昇し、売りたくなった瞬間に両建てを解消すればいいのです。

 

 

しかし実は、両建てに対応していない証券会社もあるんですよ。

そこで、GMOクリック証券の公式サイトの「両建て取引」の項目を読んでみると、

 

「お客様の判断と責任においてお取引ください。」

 

と書かれています。つまり、「両建てできる!」。

もう一度、売り規制が発動しても売る方法をまとめておきます。

 

  1. 新規売り規制が発動していないときに「両建て」しておく
  2. 「ここで売ったら勝てる」と思えるところで米国VIの買いポジションを外す
  3. 残った売りポジションで、急落を取る

 

僕はまだその機会がなく試せていませんが、GMOクリック証券の取引ルールによれば、これで「どんな荒れ相場でも空売りできる」はずです!

 

売り禁に備え、GMOクリック証券「以外」の証券会社も使う方法も

 

上記のほかにも、新規売り規制をスルーし、ショートポジションを持つ方法はないでしょうか。

それは、GMOクリック証券「以外」でVIX系銘柄が取り扱われている証券会社を使う方法です。

 

米国VIの売り禁は、GMOクリック証券が顧客資産を守るため、独自の判断で行います。

ということは、GMOクリック証券で新規売り規制となっていても、他の証券会社なら取引できる可能性が高いです。

 

僕はGMOクリック証券をメインに利用していますが、VIX系銘柄の取り扱いは「IG証券」と「サクソバンク証券」にもあります。

こちらに口座開設しておくことで、売り禁対策をすることができますね。

 

VIX系CFDの取り扱いがあるのは以下の3社

 

ここに、GMOクリック証券以外でVIX系を取引できる証券会社をまとめておきます。

 

GMO・IG・サクソバンクの特徴
VIX系銘柄GMO:VIX型・ブル型・ベア型あり
GI:VIX型:ブル型・ベア型あり
サクソ:ブル型・ベア型のみあり
取引手数料GMO:無料
IG:銘柄により有料
サクソ:銘柄により有料
スプレッド含むコストGMO:安い
IG:高め
サクソ:高め
口座維持手数料GMO:無料
IG:無料(条件あり)
サクソ:無料

 

比較してみると、やはりGMOの秀逸さが目立ちます。

VIX指数のみならず、米国VIブル(UVXY)と米国VIベア(SVXY)も取り扱われている上、コストも断然安いですね。

 

このため、普段はGMOクリック証券をメインに利用し、予備としてIG証券やサクソバンク証券を使うといいでしょう。

 

ただし、CFD全体の取り扱い銘柄数はGMOクリック証券の136銘柄に対し、サクソバンク証券は約6600銘柄、IG証券は約8100銘柄と非常に豊富です。

VIX系銘柄以外にも目を向けてみると、IGとサクソバンクにもメリットは多いですね。

 

「新規売り規制」でポジションを持つ危険を理解しよう

 

ひとつだけ、注意喚起です。

 

米国VIに「新規規制」が入るということは、GMOクリック証券が「今、米国VIを取引するのは危険ですよ」と警告しているのです。

それでもなお、ポジションを取ろうとするのは、言うまでもなく「リスクの高い行為」です。

 

米国VIは元々の値動きが激しい上、レバレッジは5倍です。

そんな銘柄が荒れているのなら、売り規制を発動することは当然ですね。

 

ただし、「ピンチはチャンス」であるのも事実です。

どうしてもVIX指数の急騰時に空売りするのであれば、

 

  1. 総資産に対するポジション量を低く抑えること
  2. レバレッジの存在を忘れないこと
  3. さらなる急騰を想定しておくこと

 

を意識してください。

 

一般投資家の100人中、90人は、リスクに対して鈍感です。

きっと米国VIを売り禁にしなければ、多くの人たちが強制ロスカットされてしまうでしょう。

GMOとしても、そういう人が多いので、売り禁にしなければいけないのだと思います。

 

しかし、投資の世界で勝てるのは1割だとよく言われます。

もしあなたが10%に入るなら、リスク管理を徹底した上でVIX急騰時でも空売りを検討するのは、選択肢のひとつです。

どうしてもチャンスをものにしたい方は、上記を参考にしてみてください!

 

人気記事 VIX投資(米国VI・ブル・ベア)に最適な証券会社3社を比較

コメント