「成行」「指値」「逆指値」の違い|注文機能を分かりやすく解説

「注文を出すとき、成行・指値・逆指値注文とあるけど、違いって何?」と疑問に感じていませんか?

この記事では、超わかりやすく注文機能の種類を解説します。

いちど覚えてしまえば簡単とても簡単。

大げさじゃなく、注文機能を使いこなすことで、トレードのリターンも変わってきますよ。

さっそく、「成行」「指値」「逆指値」の解説します!

1.「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」って何?答えは簡単です

簡単にご説明します。


成行注文とは:
現在の価格で今すぐ買う注文のこと(成行買い)。もしくは現在の価格で今すぐ売る注文のこと(成行売り)

指値注文とは:
現在値よりも安い価格に下がったら「買う」注文のこと(買い指値)。もしくは高い価格に上がったら「売る」注文のこと(売り指値)

逆指値注文とは:
現在値よりも安い価格に下がったら「売る」注文のこと(売り逆指値)。もしくは現在値よりも高い価格に上がったら「買う」注文のこと(買い逆指値)


少しごちゃっとしていますが、ここに全てが集約されています。

ただし教科書的な知識なので、これだけではピンとこないかもしれません。

少し補足すると……。

1-1.成行注文

もっともシンプルな注文機能です。

成行注文の一つの特長は、「価格を指定しない」という点にあります。

「いくらでもいいから、今すぐに買いたい(売りたい)」ということですね。

なので、大きく不利な価格での取引となることも理論上はあり得ます。

(現在取引できるもっとも有利な価格で約定し、取引が成立する仕組みなので、少なくとも僕はそんな経験ないですが……。)

成行注文については、シンプルにこれだけです。

1-2.指値注文

指値注文は、現在よりも「有利な価格」を自由に指定しておき、価格がそこまで来たら自動的に約定するという注文機能です。

「下がったら買いたい」「上がったら売りたい」という、逆張りの考え方ですね。

トレンドが発生しにくく、同じレンジ幅をいったりきたりする銘柄(米国VIなど)では、指値注文が強力に機能しますよ。

1-3.逆指値注文

逆指値注文は、現在よりも「不利な価格」を自由に指定しておき、価格がそこまで来たら自動的に約定するという注文機能です。

指値注文とは正反対の「下がったら売りたい」「上がったら買いたい」という順張りの注文方法です。

  • 下がった→次はもっと下がるはず
  • 上がった→次はもっと上がるはず

という考え方ですね。

そのほか、逆指値注文をよく使うのは損切り(ストップロス)のときです。

寝ている間や、相場を見れない時間帯でも、損切りの逆指値を入れておけば損失を限定することができるので、安心ですね。

2.短期・中期トレードでは「指値」「逆指値」が必須

一度買ったら10年はホールドします、という人はOKですが、それ以外のすべてのトレーダーは、これらの注文機能を使いこなすことが必須です。

なぜなら、僕は指値注文と逆指値注文は「リターンの種まき」とすら思っているからです。

指値注文や逆指値注文は、僕やあなたが相場を見ていない時間も、ずっと利益を得るチャンスを見張っていてくれています。

たとえば指値であれば、「ここで買えたらラッキー」「ここで売れたらラッキー」というくらいの野心的な価格に入れておくと、年に1回くらいは運よく約定したりするんですよ。

また、FXの経済指標発表時は逆指値注文で順張りすると勝ちやすいので、逆指値も非常に重要です。

トレードの神髄は、

  • チャンスが来るまで、ひたすら待つこと
  • チャンスが来たら、誰よりも早く動くこと

この2つ。

これらを100%満たしてくれるのが、指値注文と逆指値注文だと考えています。

まさに投資家にとって「商売道具」といえるでしょう。

コメント