どこよりも分かりやすく「指値注文」と「逆指値注文」の違いを解説!

投資の基礎用語

 

「指値注文と逆指値注文の違いって何?」「いつ使うの?」と疑問に感じていませんか?

 

そこで今回は、

 

  • ①指値注文
  • ②逆指値注文
  • ③成行注文

 

のそれぞれの特徴と、その活用方法をご紹介します。

 

これを知っているか知らないかで、トレードのリターンは全く変わってきますよ。

大げさじゃありません。

 

コツさえつかめば、機械的な売買でトレードが勝てるようになります。

 

  • 指値注文だから勝てるポイント
  • 逆指値注文だから勝てるポイント

 

こういう部分も多いので、以下で必須知識を学んでおきましょう。

 

1.「指値注文」「逆指値注文」「成行注文」って何?答えは簡単です

 

簡単にご説明します。

 

指値注文とは:
現在値よりも安い価格に下がったら「買う」注文のこと(買い指値)。もしくは高い価格に上がったら「売る」注文のこと(売り指値)。逆指値注文とは:
現在値よりも安い価格に下がったら「売る」注文のこと(売り逆指値)。もしくは現在値よりも高い価格に上がったら「買う」注文のこと(買い逆指値)。

成行注文とは:
現在値で今すぐ買う注文のこと(成行買い)。もしくは現在値で今すぐ売る注文のこと(成行売り)。

 

少しごちゃっとしていますが、ここに全てが集約されています。

補足するなら、指値注文は現在値よりも「有利な価格」に注文を出すもので、逆指値注文は現在値よりも「あえて不利な価格」に注文出すもの、と言うことができます。

 

以下、「指値注文」「逆指値注文」の活用方法をご紹介します。

 

2.「指値注文」はこう使うと○

 

以下、指値注文のイメージです。

 

指値注文のイメージ

「指値注文」はこう使うと○

 

指値注文は「逆張り」の考え方

 

指値注文は、「下がったら買い」「上がったら売り」です。

 

これは……、

 

  • 下がったのだから→次は上がるはず
  • 上がったのだから→次は下がるはず

 

という考え方に基づいています。

つまり、「逆張り」(カウンタートレード)ですね。

 

このことから、指値注文はトレンドが発生しにくく、同じレンジ幅をいったりきたりする銘柄に向いています。

 

3.「逆指値注文」はこう使うと○

 

以下、逆指値注文のイメージです。

 

逆指値注文のイメージ

「逆指値注文」はこう使うと○

 

よく見ると、指値注文の「まったく逆」であることが分かりますね。

 

逆指値注文は「順張り」の考え方

 

指値注文は、「下がったら売り」「上がったら買い」です。

 

これは……、

 

  • 下がったのだから→次はもっと下がるはず
  • 上がったのだから→次はもっと上がるはず

 

という考え方に基づいています。

つまり、「順張り」(トレンドフォロー)ですね。

 

このことから、逆指値注文はダマシ(ちゃぶつき)が少なく、トレンドが発生しやすい銘柄に向いています。

 

4.指値と逆指値にこだわると、リターンは伸びます

 

「なるほど、違いについては大体分かったよ」という声が聞こえてきそうですね。

 

しかし、指値注文と逆指値注文の奥の深さはこんなものではありません。

ただの「初心者用語」ではないのです。

 

僕の見ている限りでは、本当の意味で指値注文と逆指値注文を使いこなしている人はほとんどいません。

 

指値注文と逆指値注文の本質は「リターンの種まき」

 

指値注文や逆指値注文の本当の価値……。

 

それは、僕たちが「相場を見ていない時間も、ずっと利益を得るチャンスを見張っていてくれる」ということです。

 

たとえば米国VIという銘柄があります。

 

指値注文が効果的な米国VI

 

米国VIは、上昇と下落を規則的に繰り返す値動きが特徴です。

なので、「指値注文」が非常に有効です。

 

指値注文で機械的に売買するだけで、効率的に稼ぐことができます(その方法は、下記の記事でご紹介しています)。

 

米国VIで稼ぐための効果的な指値注文の出し方【3つあります】
米国VIは、値動きが分かりやすいのが特徴のCFDです。 上昇してきたら「売り指値」を入れておき、下落したら「買い指値」で利益を確定する。 こんなシンプルな手法でも、大きなリターンを目指すことができます。 そ…

 

しかし、ここで胸に手を当てて聞いてみてください。

 

あなたは、「本当に、チャンスに備えて指値注文を出していますか?」

 

指値注文の知識があっても、注文を出しておかないと意味ないんですよ。

チャンスは、今この瞬間にやってくるかもしれません。

ちょっと面倒ではありますが、指値注文という「リターンを得るための種まき」をしておく必要があります。

 

また、FXの経済指標発表時のトレードでは、「逆指値注文」がとても便利です。

なぜなら……。

 

  • 上がり始めたら上がる、下がり始めたら下がりやすいので、順張りのほうが利益が出しやすい
  • 値動きが早すぎて、手動の成行注文が間に合わない

 

という事情があるからです(余談ですが、FXの逆指値手法は下記の記事で解説しています)。

 

経済指標発表時のトレードは順張りと逆張りのどっち?結論は順張りがベストです
「経済指標発表時のFXトレードはギャンブルになりがちだから絶対に手を出さない」という人がいますよね。 でも僕は、経済指標発表時にトレード「します」。なぜなら……。 大きな利幅を取れる絶好のチャンス…

 

しかし、胸に手を当てて聞いてみてほしいのですが……。

 

「面倒くさいからって、成行注文でポチポチやっていませんか?」「損切りを入れるの忘れていませんか?」

 

小さいけれど、これって重要なことなんですよ。

 

ちなみに、僕がトレードで勝てるようになったのは……、

 

「①チャンスが来るまで、ひたすら待つこと」
「②チャンスが来たら、誰よりも早く動くこと」

 

が大切だと知ってからです。

 

そして、この両方を100%満たしてくれるのは……、そう「指値注文」と「逆指値注文」ですよね。

 

おわりに

 

指値注文と逆指値注文は、投資家の「商売道具」ですよ。

リターンを増加させるため、そして損失を最小化するために超重要。

 

指値注文と逆指値注文を究めて、「こうやって勝てばいいんだな」という気付きをぜひあなたも得てください。

 

コメント